▽豆乳グルグルヨーグルト

玄米+豆乳でつくる豆乳グルグルヨーグルト(TGG)の発酵作用が面白い

 

糖質制限食で不満な点は、菓子類や果物が全てNGなのでデザート欠乏症になってしまうことです。
管理人は甘党ではないのですが、時々デザートが食べたくなる時があります。
そんな時、朝のTVで玄米と豆乳だけで作る豆乳グルグルヨーグルト(TGG)が紹介されていました。

 

玄米+豆乳でつくるTGGは、市販のユーグルトと違って牛乳を一切使わないので
乳製品アレルギーなどの人でも乳酸菌を摂取でき、腸美人を目指せるそうです。

 

玄米でつくる豆乳グルグルヨーグルトの効果と特長
@TGGは、一般的な市販のヨーグルトに比べ数十倍の乳酸菌を含んでいます。
 その数1gあたりおよそ19億個!

 

ATGGの乳酸菌は、市販の牛乳から作られる動物性乳酸菌と違い、
 玄米と豆乳から出来る植物性乳酸菌で、過酷な環境(胃液や腸液)の中に入っても生きていられるという特性を  持っています。そのためTGGの乳酸菌は生きて腸に届き、しかも腸の中でもなかなか死にません。

 

B市販のヨーグルトよりは酸味が穏やかで、玄米と豆乳の香りが少し残っていて、
 まろやかかつ美味しい旨いヨーグルトです。食後のデザートにピッタリです。

 

C手作りなのでその都度違った味が楽しめます。
 発酵と乳酸菌の世界は本当に面白いものです。

 

D他の料理にも応用がいろいろ可能です。
 ドライカレーの隠し味に加えたり、ナンを作る時のイースト菌変代わりに使用できます。
 余ったTGGヨーグルトを布にくるみお風呂の入浴剤として利用する方もいます。

 

夏であれば常温で半日〜1日あれば簡単にTGGヨーグルトが出来上がります。

? ?

関連ページ

▽おから
帰省しない休日には普段つくれない料理に挑戦してみてはどうでしょうか。 いつもは時間に追われていますが、ゆっくり落ちついて作るのも楽しいものです。 少し多目につくって冷凍しておけば、普段の生活に役立ちます。 単身赴任の自炊料理も楽しくなります。
▽あら炊き
帰省しない休日には普段つくれない料理に挑戦してみてはどうでしょうか。 いつもは時間に追われていますが、ゆっくり落ちついて作るのも楽しいものです。 少し多目につくって冷凍しておけば、普段の生活に役立ちます。 単身赴任の自炊料理も楽しくなります。

 
糖質制限食の効果と実践 お薦め自炊健康食レシピ 休日に楽しむレシピ 常備食レシピ 自炊応援アイテム