糖質制限の特色

糖質制限食の実践で期待できる効果・特長・利点・自炊生活推薦理由

★★ダイエット効果★★

 

管理人は、自炊生活を始めた当初はカロリー制限食を実践していましたが、
カロリー計算の煩わしさや食材の制限が多いので2ヶ月後から糖質制限に変更しました。

 

糖質制限食を実践して期待できる効果は、まずダイエットが上げられます。
管理人は糖質制限食を8ヶ月実施し、-10kgダイエットすることができました。

 

※肥満の原因は糖質です。

 

肥満の原因は、摂取した糖質から変化したブトウ糖が体内に脂肪として蓄積されるからです。

糖質を摂取すると血糖値が上昇します。
             ↓
   血糖値が急上昇するので、インスリンも大量に分泌されます。
   インスリンは膵臓から分泌される血糖値を下げるホルモンです。
             ↓
   インスリンは、筋肉や脂肪組織に働きかけて、血糖を内部に取り込ませることで
   血糖値を下げるのです。             
             ↓
   取り込まれた糖分は、グリコーゲンという形で貯蔵されますが、貯蔵できる量には限りがあり、
   リミットを超えた余分なブドウ糖は、体脂肪として体内に蓄積されます
             ↓
   蓄積された脂肪によって肥満となります。

 

これが、糖を摂取することにより肥満となるメカニズムです。

 

さらに血糖値を下げようとして常時大量にインスリンが分泌されるため、
膵臓も長い期間には疲労してしまい、機能しなくなり糖尿病になります。

 

糖質制限食の実践でインスリンの分泌は抑えられ、
肥満にならない体質になることができるばかりか糖尿病の予防にも効果があります。
管理人もカロリー制限を途中で止めても8ヶ月で−10sダイエットすることができました。

 

★★コレステロール・血圧を下げる効果★★

 

水に砂糖を溶かすと粘りのあるドロドロの水になります。
             ↓
 同様に血液の中の糖質が多いと同様にドロドロの血液になります。
             ↓
 血液がドロドロだと心臓からの圧力も大きくする必要があるので血圧は高くなります。

 

管理人は、8か月間の糖質制限食によって中性脂肪が153⇒65(基準値:30〜149)に減少しました。

 

 血液がサラサラになるとスムーズに流れるので、自ずから血圧も下がります。
 管理人の血圧は105/160⇒84/127まで低下することができました。
 もちろん副作用のある降圧剤も服用する必要がなくなりました。

 

糖質制限食を8か月実践するだけで、コレストロール・血圧に効果があるのです。

 

 

 

 

糖質制限食実践の特長・特色

★★糖質制限食の特長・特色★★

  1. 糖質制限食は、とてもシンプルでいつからでも誰にでも実践可能です。
  2.   実践方法は、糖質の含まれている食材をできるだけ避けるだけだからです。

     

      管理人は自炊生活で高血圧改善のためにダイエットを実践するには、
      カロリー制限食が最も有効な方法だと考えていました。
      自炊生活を始めてから2ヶ月程カロリー制限食を実践しました。

     

      食事毎に【カロリーSlim http://calorie.slism.jp/】でカロリーを計算します。
      1日の必要カロリーを1,750c(=目標体重70kg×25)と設定して
        (デスクワーク〜営業的な業務では体重に25〜30の係数を掛けます)
      次に目標摂取カロリーを設定します。1,200Cを目標カロリーに設定すると
      必要カロリーの1,700Cとの差550cが、1日の減量目標カロリーとなります。

     

      2ヶ月くらい実践しましたが、細かいカロリーが煩わしくなってきました。
      やはり継続するためのは、シンプルイズベストであることが必要

     

  3. 満腹食べても大丈夫です。(満腹ダイエット)
  4.   糖質制限の実践では、肉や魚は糖質をほとんど含んでいないので満腹食べても差し支えありません。
      糖質だけ気を付ければ、お腹いっぱい食べれるのです。
      単身生活では食べることが大きな楽しみの一つです。
      カロリー制限食のように食事量を気にしていては、食事の楽しみも半減します。

     

  5. 焼酎やウイスキーなら気兼ねなく飲めます
  6.   管理人のように、特にお酒の好きな方には何と嬉しい糖質制限食ではありませんか。
      ビールも最近は糖質ゼロビールが販売されています。
      管理人は、刺身に焼酎が休日前の定番です。

     

     

     

     

     

糖質制限食を自炊生活で推薦する理由

★★糖質制限食は自炊生活にベストマッチ★★

 

糖質制限食は、満腹食べれることやお酒を飲んでも大丈夫なことばかりでなく、
まだまだ自炊生活に適している理由があります。

 

 家族と同じ食事ではないので、気兼ねなく糖質制限に取り組めます。

 

  • 料理の自由度が広いので自炊生活が容易に継続できます
  •   糖質制限食では、主に糖質の多いご飯や麺類を食べないことが重要なので
      料理の自由度はとても高くなっています。
      肉の好きなかたは肉料理を、魚が好きな方は魚料理を楽しむことができます。
      一部の食材に偏った料理を作る必要がないので、自炊料理に飽きることなく継続することができます。

     

  • 自炊生活で家族の心配が不要になります
  •   単身赴任でパートナーが心配するのは、十分栄養がとれているのか外食ばかりしていないか。
      とういうことではないでしょうか。
      糖質制限食では、カレーや寿司はNGなので、外食の機会が少なくなります。
      ラーメンやうど・そばんなどの麺類も1日1食に制限すれば、許容範囲です。
      もちろん、ラーメン定食・うどん定食などもNGです。
      昼は外食が多い方でも、朝・夕食を糖質制限食で自炊すれば、健康体質になれます。
      帰省した時にパートナーに料理の腕前を披露すれば安心してもらえると思います。

     

  • 買物がとても簡単で楽しくなります
  •   細かいカロリーなどは考える必要がないので、糖質を多く含んでいる食材を買わなければいいだけなので
      買い物はとても簡単です。また、バランスを特に気にする必要もないので自分の好きな食材を買えばいいので
      買い物が楽しくなります。お酒のつまみも糖質に注意すれば思うままです。

    ? ?

    関連ページ

    糖質と糖尿病
    糖質制限を始める前に、まず糖の過剰摂取によって、糖尿病はもちろん高血圧・痛風・高脂血症・うつ病・自律神経失調症・ガンなどの生活習慣病や難病が引き起こされたり、悪化していくことを知ることが大切です。
    糖質と高血圧・痛風
    「命にかかわる病気」高血圧も糖尿病と同じメカニズムで糖が原因で引き起こされる生活習慣病です。また風が吹いても痛いと言われる痛風も同様に糖が原因です。
    糖質と動脈硬化・アレルギー・花粉症・リュウマチ
    糖質とガン・うつ
    糖質制限食での食材の選別
    管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。
    糖質制限食三つの方法
    管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。

     
    糖質制限食の効果と実践 お薦め自炊健康食レシピ 休日に楽しむレシピ 常備食レシピ 自炊応援アイテム