糖質が高血圧や痛風の原因となるメカニズム

糖質が糖尿病と同じメカニズムで高血圧症や痛風の原因となります

高血圧も糖尿病と同じメカニズムで糖が原因で引き起こされる生活習慣病なのです。

 

★★糖質から見た高血圧の原因となるメカニズムには二種類あります★★

 

血圧上昇メカニズムその1

糖の過剰摂取によって体脂肪が増えます
          ↓
その体脂肪が腎臓にある塩分の排泄機能を阻害します。
          ↓        
本来なら体内にあった塩分が尿から排泄されるのですが、うまくいかなくなります。
          ↓   
塩分は、血圧を上げる要因なので排出されない塩分によって高血圧となります。

 

※高血圧と塩分の関係

 

一般的に『高血圧の原因は塩分の過剰摂取』とよく言われています。

 

塩分が高血圧を引き起こすメカニズムを説明します。

 

 @塩分(ナトリウム)には水と結合する作用があります。
  塩分を過剰に摂取するとその濃度を薄めるために水分が欲しくなります。
  水分の増加によって血液の量が増え、心臓が血液を送るのに大きな力を必要とするため血圧が上昇。

 

 A塩分には血管を収縮させる働きを持つ交感神経を緊張させる作用があります。 
  塩分を過剰に摂取すると、血管を収縮させる働きが活発になり血圧が上昇しま。

 

 B塩分は血管の中に直接入り込んで血管を狭くしてしまいます。  
  さらに、塩分は筋肉を収縮させる働きがあるので、血管壁を収縮させ、血圧が上昇します。

 

高血圧改善のためには、塩分の過剰摂取はNGです。

 

血圧上昇メカニズムその2

メカニズム

糖の過剰摂取で糖尿病と同じように高インスリン状態になります。
          ↓
インスリンの興奮作用によって交感神経が緊張状態となります。
          ↓
交感神経は、心臓の活動を活発にして血圧を上げるように働きます。
          ↓
高インスリン状態が続けばおのずと血圧も高くなります。

 

 

@糖による塩分排泄機能阻害と交感神経緊張作用のダブルパンチの影響を受けて血圧は高くなります。
いずれにせ糖が原因であることは間違いありませんから、糖質制限することが高血圧改善に繋がります。

 

 

 

★★糖質からみたときの痛風の原因となるメカニズム★★

 

痛風になると「肉を我慢しなさい」「ビールは御法度」など多くの食事制限が求められますが、
痛風の原因は、尿酸のもとになるプリン体ですが、本当に我慢すべきは糖質だけで十分なのです。
痛風の原因も高血圧と同じくメカニズムです。

 

糖質の過剰摂取によって体脂肪が増えます
          ↓
プリン体は腎臓の排泄機能によって体外に排出されます。
糖質によって増えた体脂肪が腎臓にあるプリン体の排泄機能を阻害します。
          ↓
本来なら体内にあったプリン体が尿から排泄されるのですが、体脂肪に邪魔されてうまくいかなくなります。
          ↓
     排泄されないプリン体によって痛風となります。

 

糖質制限食を実践することによって、痛風における尿酸の排泄機能を正常に戻します。

? ?

関連ページ

糖質と糖尿病
糖質制限を始める前に、まず糖の過剰摂取によって、糖尿病はもちろん高血圧・痛風・高脂血症・うつ病・自律神経失調症・ガンなどの生活習慣病や難病が引き起こされたり、悪化していくことを知ることが大切です。
糖質と動脈硬化・アレルギー・花粉症・リュウマチ
糖質とガン・うつ
糖質制限食の効果
管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。
糖質制限食での食材の選別
管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。
糖質制限食三つの方法
管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。