糖質がU型糖尿病の原因となるメカニズム

糖質制限食を始める前に糖質が難病を引き起こすことの理解が大切です。

 

糖質制限を始める前に、まず.糖質の過剰摂取によって、糖尿病はもちろん
高血圧・痛風・高脂血症などの生活習慣病
が引き起こされたり、
うつ病・自律神経失調症・ガンなど難病が悪化していくことを知ることが重要になります。

 

 

★★糖質がU型糖尿病の原因になるメカニズム★★

(T型糖尿病とはインスリン分泌異常による糖尿病です)

 

生活習慣病のU型糖尿病は、糖質の摂り過ぎでインスリンの分泌量に問題が生じたり、
インスリンそのものの働きが悪くなる病気です。
使いきれず余った糖質が体脂肪になり、体脂肪がインスリンの働きを邪魔することが原因です。

 

糖尿病は、一度発症すると完治するのが困難な病気であり、合併症の怖い病気です。
悪化させると合併症により腎臓障害で人工透析や網膜症による失明、壊疽による足の切断、
動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などまさに『命にかかわる恐ろしい病気』なのです。

 

それでは、なぜ糖が糖尿病の原因なのか説明していきます。

食事をすると血糖値があがります。(血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことです) 

脳から膵臓に「インスリンを分泌せよ」との指令がでます。

(インスリンとは、血糖値をコントロールできる唯一のホルモンです)

インスリンは、ブトウ糖をエネルギーの必要な箇所に送り、

上昇した血糖値を正常値にまで下げてくれます。

ところが摂取する糖質が多すぎると使いきれずに余った糖質からできた脂肪が

インスリンの働きを邪魔します。

インスリンは細胞膜にあるインスリン受容体と結合することで血液中のブドウ糖を

細胞に送り込みますが、脂肪が増えすぎると受容体を覆い隠すのです。

ブトウ糖を細胞に送り込むことができないので血糖値は上がったままです。

脳は「インスリンが足りないせいだ」と勘違いしてさらにインスリンを分泌します。

それでも脂肪が受容体を覆い隠しているので、ブドウ糖は余った状態で

血糖値は上がったままです。

インスリンは、血糖値を下げることはできずコントロール不能の状態が続きます。

このような状態を高インスリン状態といい、U型糖尿病の原因となります。

? ?

関連ページ

糖質と高血圧・痛風
「命にかかわる病気」高血圧も糖尿病と同じメカニズムで糖が原因で引き起こされる生活習慣病です。また風が吹いても痛いと言われる痛風も同様に糖が原因です。
糖質と動脈硬化・アレルギー・花粉症・リュウマチ
糖質とガン・うつ
糖質制限食の効果
管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。
糖質制限食での食材の選別
管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。
糖質制限食三つの方法
管理人が自炊を8か月間継続できかつダイエットや高血圧を改善することができたことは、糖質制限を実践したことが大きな要因となっています。 糖質制限の目的、効果、自炊に適している理由、方法を紹介していきます。 メタボの方は、糖質制限でリバウンドのなく無理しないで痩せることができます。